PICKAでは、共に働いてくれる美容師さんを募集しています

白髪染のダメージ

2018-03-01

月に一回のヘアカラーで髪の毛がボロボロ..

そんな方もいらっしゃいますよね!?

 

そんなダメージが気になるけど

白髪が..

そんな方に

マニキュアで染めるという考え方

皆さん

マニキュア

ってご存知ですか?

  • 白髪が多いとマニキュアは無理!?
  • キチンと染まらない!?
  • 昔流行ったやつ!?

いろんな知識があられると思いますが、

マニキュアでもしっかりと白髪は染まります。

こちらうちのお店の常連様。

お歳は6○才

もう20年以上はマニキュアで染められてます。

6○歳でこの髪の毛艶、長さ

素敵ですよね✨

今日は白髪染とマニキュアの違いを説明しようと思います。

白髪染とマニキュアの違い

白髪染はカラー剤の中にアルカリという成分が入ってます。

このアルカリという成分が髪の表面を溶かし、髪の中に色素を留め白髪を染めてくれます。

もちろん溶かしていくので髪は細くなってしまい、ダメージが進行して行きます。

それ比べマニキュアは無理髪の表面のコーティング。

 

爪のマニキュアと一緒で表面をコーティングして、白髪を染めていきます。

白髪染と違い髪の毛を溶かす事がないので髪のダメージが白髪染ほどありません。

月に一回の白髪染をされてる方はダメージを体感されている通り、アルカリによるダメージは大変なものです。

それに年齢による髪の毛の変化、他にもパーマや縮毛矯正などをされてる方はダメージが進行していくばかり。

ご覧の通り、4週間に一度のマニキュアをされてる方は髪の毛が細くならず、髪の毛のボリュームまで維持ができます。✨

パーマもかけれます。

他にも白髪染とマニキュアの違いはありますが、

  • 白髪染の方がマニキュアと違い色遊びができる(マニキュアは白髪染ほど色を選べない)
  • マニキュアは皮膚に着いたらなかなか取れないので根元を1ミリないくらい開けなければいけない(べたっとぬれない)
  • マニキュアは染めた時から1週間くらいシャンプーの泡やタオルに少し色がつく

などと特徴はございますが

髪を過度に傷ませない

という点に対しては白髪染より格段に違います。

 

貴方が何を求めてるのか!?

色遊びなどを求めてらっしゃる方は白髪染の方が格段にいいとは思いますが、

艶やハリ、ボリュームを求めてらっしゃるのでしたら

マニキュア

の方がいいと格段にいいと私はいいと思っています✂️

気になる方はご相談ください✂️