PICKAでは、共に働いてくれる美容師さんを募集しています

癖毛さんの縮毛矯正 ダメージ変

2018-05-21

最近、雨も多く、そろそろ

梅雨…

 

憂鬱ですよね!?

特に

癖毛さんにとっては..

近年、縮毛矯正が進化し結構癖の強い方でも

いい感じで伸びて

誰でも綺麗なストレートに☆

なんて簡単になる時代ではあるんですけど、

いつも同じ髪型。。

縮毛矯正やりすぎて、髪の毛のダーメージが。。

なんて悩みの多い方もいらっしゃるハズ。

そんな方は

ご自分の癖を生かした髪型にしてみませんか!?

もし、「自分の癖を活かせたとしたら!?」

私、縮毛矯正やめたらどうなるのかしら!?

なんて思われますよね、?

縮毛矯正をやめられたらもちろん髪のウネリ、広がり、いろんなものがでで来るワケにはなるんです。

初めて縮毛矯正をかける前の「あの」 嫌だった髪の毛に戻るわけなんですが、

それを活かせるとしたら!?

 

チャレンジしてみたいと思うハズ☆

何故、縮毛矯正をやめたくなったのか!?

ここにポイントがあられると思います。

「学生時代や今から約20年前に縮毛矯正がでで来ましたよね。」

そりゃ〜最初は嫌だったが伸びてまっすぐのサラサラストレートに☆

感動しましたよね! 個人的にはノーベル賞もんだと思っています。

ですがリスクも…

繰り返しかけていく縮毛矯正..

そうです。ダメージが半端ありません。

縮毛矯正とは美容室のメニューの中でも1、2を争うほどのダーメージを伴う施術。

繰り返していくとなると相当なダメージを伴います。

加えて年齢による髪の毛の変化

 

 

どうしても年齢を重ねていくと、髪の毛が細くなって来ますよね。

&お白髪がでで来る。

 

 

そしてそれを染めるわけですよね。

早い方で月に1度、遅い方でも2か月に一度くらいは。

年に6回から12回は..

そしてさらに年に2.3回の縮毛矯正。。

ダメージ、ダメージ、ダメージの連鎖です。

痛んで艶のなくなった髪の毛をどうにかしたい!!

そう思われるはずです。

そして縮毛矯正は強制的に真っ直ぐにするわけなのでどうしても真っ直ぐになります。

 

なので短かかろうが長かろうがいつも同じ髪型に見えてしまいます。

なので飽きる。

 

あの素晴らしかった縮毛矯正にもこんなリスクもあったんですね。

話は少しずれましたが、

自分の癖を活かす髪型

とは、もちろん髪のウネリ、広がりがでで来るわけなので、カットのチカラだけで真っ直ぐになんてなる訳ではございません。

ですが、ウネリ、広がりを上手に

パーマスタイルみたいに出せるスタイル☆

ありだと思いませんか!?

これで毎日のお手入れが大変なら考えもんですが、

基本、ご自分の髪を活かすことなので特に何もせず。

ブローなんていりませんし、

よるしっかり乾かして、朝は自分の癖が活きるように水スプレーで髪の毛を濡らします。

さらに癖を出して、スタイリング剤を大目につければ、、、

☆☆☆

楽チンですよね☆

また白髪染めと、縮毛矯正のダブルでダメージが気になられている方は

その白髪染をヘアマニキュアというカラー剤に変える事もうまく縮毛矯正とお付き合いする方法の一つだと思います。

どうしても縮毛矯正をやめれなくて、でもダメージが…

と気になられてる方は

こちらのお客様のように白髪染をヘアマニキュアに変えると

縮毛矯正&白髪染めのダメージ。。

の悩みから解放されると思いますよ☆

他にもオシャレ染と縮毛矯正のダメージのお悩みの方も是非ご相談ください☆

必ず今のダメージよりも良くなる方法がございます☆