PICKAでは、共に働いてくれる美容師さんを募集しています

ポイントの縮毛矯正

2018-05-22

どうしても癖が気になる!!

「最近、雨が多いわね.. そろそろ梅雨かしら?」

「また縮毛矯正かけなきゃ。」

嫌な時期がやって参りました。

癖毛さんには大敵、、梅雨の到来です。

ジメジメで湿気が多い季節。

湿度が高く、生え際のウネリ、全体の癖。

気になる季節ですよね。

そんな時期に

「また縮毛矯正かけなきゃ!」

と思ってる方に。

ポイント縮毛矯正ってご存知ですか!?

 

気になる前髪部分だけとかボリュームがでで膨らむハチ上部分だけとか

 

そう、髪の毛の癖が気になる一部分だけかけることも可能なんです。

髪の毛全部に矯正しなくても気になるポイント部分にだけかけることにより、

髪の毛の負担も少なく、お値段、お時間も少なく済みます。

縮毛矯正はどうしてもある程度時間がかかる施術ですし、

何より全体かけてしまうと、全部真っ直ぐに。

 

いつも一緒で面白くないですよね!?

なので気になる部分だけかけて出来るだけ髪の毛に負担少なく、

いつもと違うスタイル楽しみましょう☆☆

今日は癖毛さんなら誰もが気になる

髪の毛の表面の癖、のみを縮毛かけるブログです。

こちら年に一、2回は全体の縮毛をかけられるM様。(いつもご来店ありがとうございます。)

良く髪の毛を見てみるとピンで止めている部分以外はまだ髪の毛が真っ直ぐに。

画像で見えている部分はかける必要はまだありそうにありません。

なのでピンで止めているハチ上(髪の表面部分のみの縮毛を行います。)

ところでハチ上とは!?

ハチ上とは美容師さんが良く使う言葉ですが

頭のの側面の凸っとしてる部分になります。

(こちらは違うお客様の画像ですが)

この赤のマーカーを引いてる部分。

触ってみると骨が凸っと角がで出る部分がありませんか、?

そこがハチと呼ばれる部分です。

そこから上の部分のウネりやパサつきが癖毛の方は気になったりされますよね。

その部分のみの縮毛を行うと、、

どうでしょう!?

自然なストレートではありませんか!!?

いつも根元の伸びてきた部分だけ縮毛をかけるのではなく、

癖が気になる部分だけをかけるととても自然な仕上がりになったりしますので、

癖が気になるのは解るのですが、髪の毛の癖のどこが気になるのかを、きちんとお聞きすることができれば、

ポイントのみの矯正で済む場合もございますので是非にご相談下さい☆☆

なるべく楽しく梅雨をお過ごしください☆